本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 青森 > キリストの里伝承館

キリストの里伝承館

                               青森県キリスト伝説

「キリストの墓」に隣接する資料館


茨城県の神官 竹内臣麿が「キリストの墓」だと主張した墓について解説し、同時に新郷村の民俗を紹介する施設。

館内ではキリスト伝説の源になった古文書や人物を紹介した「キリスト伝承コーナー」と、新郷村の民具・農具などを展示した「戸来展示コーナー」があり、昭和初期の生活様式を復元したコーナーで記念撮影をすることができます。また手打ち蕎麦などの実演も行われています。


キリストの里伝承館

キリストの里伝承館


展示パネルでは、ここがキリスト終焉の地であるとする根拠として、戸来(へらい)がヘブライに似ているという語呂合わせが紹介されていました。

次に村で盆踊りの際に歌われる「ナニャドヤラー ナニャドナサレー ナニャドヤラー」という歌が、日本語では解釈できないが、ヘブライ語では意味がわかるという趣旨の主張が紹介されていました。

しかしこれに関しては、1926年当地を訪れて調査した民俗学者の柳田國男が、「要するに、何なりともせよかし、どうなりとなさるがよいと、男に向って呼びかけた恋の歌である」と述べています。高名な学者が調査した上で結論付けているにも関わらず、このことが紹介されていないのはフェアではありません。


キリストの里伝承館
キリストの里伝承館
キリストの里伝承館
キリストの里伝承館
キリストの里伝承館
キリストの里伝承館
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
竹内古文書
竹内古文書
キリストの遺言書
キリストの遺言書
キリストの遺言書
キリストの遺言書
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
ナニャドヤラーなどの映像
ナニャドヤラーなどの映像
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
著名な訪問者
著名な訪問者
竹内文書について
竹内文書について
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
キリスト伝承解説
復元コーナー
復元コーナー



 
現地への行き方
住所は三戸郡新郷村大字戸来字野月33-1です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>