本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 青森 > 東奥義塾高等学校

東奥義塾高等学校

                               青森県キリスト教関連史跡

青森のプロテスタント宣教の始まりと共にあった学校


慶応義塾を模範に、藩校 稽古館を元に創立された私学。

元々はミッション・スクールではありませんでしたが、現在はキリスト教主義の学校になっています。東奥義塾は青森で初めてプロテスタント宣教が行われた学校で、本多庸一が塾長を務めました。


東奥義塾高等学校

東奥義塾高等学校


東奥義塾は、慶応義塾を模範に、藩校 稽古館を元にして建てられた学校でしたが、経営破綻して潰れてしまい、1922年に再興される際にキリスト教主義の学校として再生しました。

本多庸一が塾長を務め、英語教師として来日したジョン・イングと共に塾生伝道を進めて、塾生が立つことにより弘前公会(現在の日本基督教団弘前教会)や、県下のプロテスタント教会が建てられることとなりました。


東奥義塾高等学校
東奥義塾高等学校
東奥義塾高等学校
東奥義塾高等学校



 
現地への行き方
弘南鉄道「義塾高校前駅」下車、徒歩5分。住所は弘前市大字石川字長者森61-1です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>