本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 青森 > 日本聖公会 弘前昇天教会

日本聖公会 弘前昇天教会

                               青森県教会

1921年建設の聖堂


創立100年を超える日本聖公会の教会。

日本聖公会が弘前で布教を開始したのは1896(明治29)年からで、現在地に最初の教会堂を建設したのは1900(明治33)年でした。現在の聖堂が建てられたのは1921年のことで、設計者は立教大学校長を務めたJ.M.ガーディナー。聖堂建築の貴重さが認められ、県重宝に指定されています。


日本聖公会 弘前昇天教会

日本聖公会 弘前昇天教会


J.M.ガーディナーが設計した建築物は、立教大学本館(モリス館)などの学校関係の建造物と、京都市指定有形文化財の聖アグネス教会、国指定重要文化財の聖ヨハネ教会などの教会関係の建築物が主なものです。

明治27年の東京地震と大正12年の関東大震災という2度の大きな震災で、関東圏の建築物には失われたものも多いので、地方に残るこのような建築は貴重だといえます。


日本聖公会 弘前昇天教会
弘前昇天教会
日本聖公会 弘前昇天教会
弘前昇天教会
弘前昇天教会
弘前昇天教会
弘前昇天教会
弘前昇天教会



 
現地への行き方
弘前バスターミナルから弘南バス市役所方面行き等で「中土手町」下車、徒歩10分。住所は弘前市山道町7です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>