本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 青森 > 旧東奥義塾 外人教師館

旧東奥義塾 外人教師館

                               青森県キリスト教関連史跡

青森のプロテスタント宣教ゆかりの建物


青森県で最初にプロテスタント宣教が始まった東奥義塾の建物。

東奥義塾は、当初はキリスト教系の学校ではなく、藩校であった稽古館を母体に、明治5年に創立された私学でした。外人教師館は東奥義塾で招いた外人教師専用の住居として明治33年に建てられたもので、県重宝に指定されています。


旧東奥義塾 外人教師館

旧東奥義塾 外人教師館


青森県下でのプロテスタント宣教は、1873年東奥義塾が英語教師として招いたアメリカ人宣教師C.H.ウォルフが教室で聖書を教えたのが最初だといわれています。

当初東奥義塾は慶応義塾を模範にした私学で、キリスト教系の学校ではなかったのですが、後に経営破綻し、1922年に再生したときからキリスト教系の学校になりました。


旧東奥義塾 外人教師館
入口
旧東奥義塾
室内
旧東奥義塾
展示室
旧東奥義塾
写真資料
外人教師館
宣教師
外人教師館
写真資料

写真資料
展示品
展示品
写真資料
写真資料
写真資料
写真資料

年表
写真資料
写真資料
写真資料
写真資料
写真資料
写真資料
旧東奥義塾 外人教師館
家具
旧東奥義塾 外人教師館
外人教師写真



 
現地への行き方
追手門広場(弘前市大字下白銀町2-1)内にあります。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>